ブログ

事業・組織ステージとタレントマネジメント

page_naiyou_row1_1

最近、HRテックが流行ですね。様々な会社がタレントマネジメントを謳って、システム上の人財検索機能などを提供しています。一目で人財の数や顔が分かり、意思決定のための情報として活用するにはいいツールと思います。中には人事や経営陣がリーダー人財を掘り起こすということにプラスして人財同士のSNS機能があったり、より下流の教育までをWEBラーニング形式で提供している会社もあります。
私は、組織や事業の現在のステージと健康度(課題構造)、今後待ち受ける成長の壁・リスクについて、十年以上蓄積したデータベースを基に特定する、そしてその状況を突破できるタレントの発掘に取り組んできました。
事業ステージや課題構造によって求められるリーダー(タレント)要件は当然変わってきます。勿論、中長期のパイプラインを充実させるため、リーダーシップや思考特性、人事評価といった基本軸からタレントを発掘していくことに異論はありません。ただ、企業が直面している立ち位置と今後のビジョンを踏まえたタレント発掘が重要と思っています。弊社が提携している株式会社IIOSS(イーオス)は、診断ツールを提供している会社です。企業の成長ステージと課題構造を視覚化するオーガニゼーションプロファイラー(OP)と人財の特性を評価するマネージメントプロファイラー(MP)の2種類から構成されています。2つを考え合わせることで、現在の即戦力、次のステージへの成長に必要なタレントを導くことに役立ちます。一度試してみてはいかがでしょうか。www.iioss.com

関連記事

  1. luogo カフェ運営って、ビジネスを凝縮した格好の学び場、遊び場。お勧めし…

最近の記事

  1. page_naiyou_row1_1
  2. luogo
PAGE TOP